このエントリーをはてなブックマークに追加

見積へのリアクション

まず自宅に実際に引越し会社に見積もりをお願いした場合に、複数の業者を候補に残すことが重要になります。
この場合、できるだけ短期間にすべての業者に見積もりを取るようにすることをお勧めします。
理想を言えば、1日ですべての候補に挙がっている引越し業者に見積もりを取るのが良いでしょう。
しかし相手の都合もありますし、もし候補は少し多いのであれば、バッティングをしてしまう可能性があります。
これは引越し業者同士も、引越し業者とあなたとの間でも気まずい空気が流れてしまうことでしょう。
ですから、スケジュールが無理そうであれば、日をずらしてもいいですが、できるだけ短期間で決めるようにしましょう。
もし複数の引越し業者に見積もりを依頼しているのであれば、見積もりを出してもらっても、即答をすることはしないようにしましょう。
業者としてみれば、即答をしてくれる方がありがたいです。
そこで「この場で決めていただいたら値引きしますよ」とか「○○というサービスを無料でお付けしますよ」と言った勧誘をしてくることもあります。
しかし決してこの誘惑に乗っからないようにしましょう。
きちんと「検討して後日連絡させていただきますので…」とその場で決めないようにしましょう。
中には、引越し用のダンボール箱をその場に置いていこうとする営業マンもいると聞きます。
しかし「まだ決めたわけではないので…」と言って、きちんと持って帰るように伝えておきましょう。

話題になっている引越し、深く知るならココをブックマークしましょう

Copyright (C)2017引越し当日に慌てないための諸注意.All rights reserved.