このエントリーをはてなブックマークに追加

交渉の仕方

自宅に引越し業者のスタッフに来てもらって、見積もりを取るのであれば、せっかくですから少し交渉をしてみるのもいいでしょう。
もしかするとより良い条件を無効が出してくれる可能性もあります。
もちろん、ただ単に「もう少し安くなりませんか?」という感じでいっても、なかなか相手も交渉にのってこないだろうと思います。
そこで、より具体的な提示をしてみる方法を使ってみるといいでしょう。
例えば「○○という会社にも見積もりのお願いをしているのですが、いくらと言ってきているのでもう少し何とかなりませんか?」と言ってみるのです。
他の業者を引き合いに出すことによって、特に中小の引越し業者は、見積もりの見直しをして、いくらか安くすることもできるかもしれません。
しかし大手の有名な引っ越し業者の場合には、なかなか通用しない方法なので、大手にはやらないほうがいいでしょう。
このようなやり方で、値段交渉を有利に進めることもできます。
しかし中には、なかなか値段の交渉がはかどらないこともあるかもしれません。
その場合には、他の部分で条件闘争をしてみるといいでしょう。
例えば、同じく他社を引き合いに出して、「他の業者では、○○というサービスが付いてくると言われているのですが、そのようなサービスをつけることはできませんか?」とサービスの方で交渉をしてみましょう。
料金ではNGでも、サービスの条件については、妥協をしてくれる業者もあるかもしれません。
Copyright (C)2017引越し当日に慌てないための諸注意.All rights reserved.